2014年11月24日

塔ノ岳にて紅葉みてきました

この連休は天候にも恵まれ、行楽を楽しまれた方が多いのではないでしょうか?
私は、神奈川県の水源である丹沢山塊の入り口、塔ノ岳に登ってきました。

夜明け前に家を出ましたが、着いたらすでに多くの登山者で賑わっていました。
塔ノ岳は標高 1,491m で、麓からの標高差が 1,200m ほどあり、とても登り甲斐のある山です。

麓は杉林で、それを抜けて、広葉樹林に出ますが、まだ緑の葉が多かったです。
だんだん高度が上がっていくと、紅葉した樹々が現れ、目を楽しませてくれました。
DSC_1976.jpg
途中、細い尾根筋の登山道が崩落している部分がありました。
登山者が増えすぎる、というのも山には負担になるのでしょうね。

途中、おじいさんに話しかけられました。
「先生ですよね?ひるおび観てますよ!」と。
テレビの影響力は大きいんだな〜、と実感しました。
ただしい医療情報を伝えられるように、ますます頑張ろう!と思いました。

頂上では、無事登りきった皆さんが楽しそうにお昼をとっていました。
背中に子供を背負ったママさんクライマーがいて、ビックリしました。母は強し!ですねぇ〜。
お昼と水しかザックに入ってないのにアゴ出している私のザマったら・・・。

山頂は広く、眺めが良かったです。
DSC_2003.JPG
PL(偏光)フィルターが威力を発揮していますが、それでも霞んでいます。
大気の状態はベストコンディションではありませんでした。

下りの道すがら、午後の光に照らされて、朝よりも赤みを増した紅葉を楽しみました。
DSC_2080.JPG
最近のレンズは素晴らしいですね。
逆光ですが、ゴーストがありません。

DSC_2084.JPG
まだ青い葉と、赤い葉のコントラストが綺麗でした。

最後は、また杉林の中を黙々と高度を下げるだけで、石畳の登山道が太腿にビシビシ響きました。

麓の方に聞いたら、先週の方が混んでいたそうです。
もう少し寒くなって、雨上がりで空気の澄んでいるときにでも、また登りに来たいと思います。


後日談:翌日は東京ドクターズのラグビーの試合があり、筋肉痛でまったく使い物にならなかったことを付け加えておきます。

久住 記

posted by 久住英二 at 17:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

現場からの医療改革推進協議会2014打合せ

今日は、夜8時過ぎから、客員研究員として所属する東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム部門で、ミーティングがありました。

毎年、秋に開催している『現場からの医療改革推進協議会』の打ち合わせでした。
東大・慶大兼任教授の鈴木寛さんが、SFCのゼミ生を連れてきてくれました。
10688186_10201653129129061_1639226858019159881_o.jpg

今年のシンポジウムは12月13〜14日の土日に決まりました。情報は、適宜FBページにアップしますので、ぜひ『いいね!』をお願いします。

医療政策は、往々にして患者不在の会議室で、机上の空論をもとに決定されます。それが現場を混乱させ、日本の医療提供の障害となっています。
このシンポジウムは、現場にいる患者さんと医療者が、現場の問題点を掘り下げるためにあります。興味のある方はどなたでも歓迎します。ぜひお越し下さい。
posted by 久住英二 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蚊よけ:虫除けスプレー以外の選択肢

デング熱、日本脳炎、マラリア、西ナイル熱、チクングニヤ熱、黄熱病・・・と、蚊が媒介する感染症は沢山あります。
感染症もらわなくても、蚊に刺されること自体が不快ですね。
炎症を起こした部分が日焼けするとシミになりますし。

DEETという虫除けの成分が有効ですから、さまざまな蚊よけ製品が販売されていますね。
しかし、日本では薬事法の縛りがあり、DEETの濃度が薄いため、2時間ほどで効果が切れてしまいます。
また、DEETは赤ちゃんには安全に使用できません。

ところが、世間にはいろんな製品をつくっている企業があるものです。
インセクトシールド社では、布にペルメトリンという虫除け薬をしみこませて、虫除け服を製造、販売しています。
本国サイト:http://www.insectshield.com

ペルメトリンは、米国では環境保護庁(Environmental Protection Agency)により、赤ちゃんやペットにも安全に使用できると認められており、ひろく利用されています。また、ペルメトリンをしみこませた服は、最初は軍隊に使用され、その後一般的に用いられるようになりました。70回洗濯しても、虫除け効果がほとんど減弱しないそうです。

日本ではペルメトリンは医薬品として承認されていないため、虫除け効果を謳うことができませんが、同じ製品が販売されています。通販でも取り扱いがありますし、東急ハンズや小田急百貨店でも取り扱いがあるそうです。

ちなみに、メッシュパーカーの上下がこちら。
P1000057.jpg

各クリニックにサンプルがありますが、臭いはしませんし、手触りもさらさらしていて、普通の布と変わりません。

虫除けスプレーは、結構すぐになくなりますから、本数を買えばそれなりの値段がします。家庭菜園など野外での活動が多い方は、かえって安く済むでしょうね。
東南アジアなど、デング熱の流行国に赴任する方は、一着持って行かれると良いかも知れません。
これ以外にも、いろんな製品が販売されています。

アマゾンでも売ってますね。こちらは一枚あると便利なメッシュのクロス。
ベビーカーで、上から覆っておくと蚊が来ません。



posted by 久住英二 at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする