2016年06月14日

抗生剤の効かない細菌

Emerging Infectious Disease (= 新興感染症)という医学雑誌に、コリスチン耐性菌が日本にも沢山いました、という話が載っています。

コリスチンとは、古くからある抗生物質です。今のところ多剤耐性グラム陰性菌に有効のことが多く、伝家の宝刀として大切に使われています。

多剤耐性緑膿菌(グラム陰性菌の代表格)は、私が病棟で白血病患者さんの化学療法や骨髄移植に携わっていた頃から大きな問題でした。抗がん剤治療で白血球がゼロになると、腸の中に棲んでいる細菌が血液中に入ってきて、勝手に熱が出ます。臍帯血移植の時は、白血球が増えてくるまで20日もかかります。その細菌に多剤耐性菌が含まれていると、抗生剤では助けることが出来ず、敗血症となります。グラム陰性菌は、毒素によってショック状態(=血圧が下がり、生命を維持するための臓器の働きが損なわれること)となり、多くの患者さんが命を奪われます。
白血病をコントロールできずに患者さんが亡くなることは、無念ですが仕方がありません。しかし、白血病がコントロールされているのに感染症で患者さんが亡くなることは、医療者にとってはとても残念で悔しいことです。
当時コリスチンが使えたら、救えた患者さんが大勢います。

さて、そんな重要なコリスチン。必要なときに、必要なだけ使うようにしないと、他の抗生剤と同様に耐性菌が増えてしまいますね。ですが、実はじゃんじゃん使われて、耐性菌が増えています。ただし、ブタでの話。コリスチンは、家畜(おもにブタ)の飼料に配合され、世界中で大量に消費されています。なぜ家畜の餌に抗生剤を混ぜるかというと、細菌感染で下痢したりすると、体重の増えが悪く、経営に響くからです。

2015年は、中国から輸入した豚肉からコリスチン耐性菌がヨーロッパ各国で検出され、ちょっとした騒動になっていました。
スクリーンショット 2016-06-14 12.16.03.png


今回の報告では、健康なブタでなく、病気になったブタで、コリスチン耐性菌と、mcr-1 というコリスチン耐性の原因となる遺伝子の検出率を調べています。これによると、2009年ころから、かなり検出されるようになっているようです。
実線の折れ線グラフが mcr-1 検出率で、この数年で 50% 以上に急上昇していることが分かります。この mcr-1 という遺伝子、プラスミドという移動する遺伝子に乗って、となりの細菌にどんどんと拡がってしまう、という厄介なものなのです。臨床の現場で問題となっている多剤耐性菌がコリスチン耐性も獲得するのは時間の問題なのでしょう。

自分たちに出来ることは、不要な抗生剤を極力使わないこと、しかありません。明らかに細菌感染であれば、適切な抗生剤治療は必要です。しかし、風邪や急性胃腸炎のように、ほとんどがウイルスが原因の感染症で抗生剤を使うことは慎むべきです。



posted by 久住英二 at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

風疹にかかるのは何歳の人?

風疹(ふうしん)は子供がかかる病気でしょうか? ー YES

ところで、麻疹(はしか)、おたふく、水痘(水ぼうそう)などの感染症は、なぜ子供がかかるのでしょう?

感染症は、病原体なしに自然発生的には罹りませんから、誰かからウイルスをもらう必要があります。
赤ちゃんの頃は、おもに親や祖父母など家族と過ごしますから、感染する機会は「通常」まれです。
家族以外の人と濃厚な接触が始まる保育園や幼稚園、小学校低学年の時期に感染することが多いです。

これらのウイルス感染症は、基本的には終生免疫が得られるので、二度罹りしません。
免疫がなければ誰でも罹りうるのだけど、はじめて感染した時だけ発病するので、結果的に「子供時代に済んでしまう」病気となります。

これらのウイルスは感染力が強いだけでなく毒性も強く、麻疹は脳炎や肺炎を合併し、数年経ってから SSPE という不治の脳炎を起こすこともあります。水痘も脳炎と肺炎を起こしますし、皮膚の水疱から細菌感染することもあります。おたふくは無菌性髄膜炎や難聴などの深刻な合併症を起こします。風疹は、感染しても本人の症状は強くありませんが、妊婦が感染すると胎児に先天性風疹症候群(CRS)と呼ばれる脳や心臓、耳や目の永続的な障害を起こします。
幸いワクチンが開発されており、1歳になったら定期接種のMR(麻疹・風疹混合)、水痘と、任意接種だけどおたふくかぜワクチンを接種し、小学校に上がる前に2回目の接種を受け、感染症から身を守ることが推奨されています。

さて、話を風疹に戻します。ワクチンが効果的なので、いま子供の風疹は多くありません。
実は、風疹の多くは成人が、とくに昔にワクチンを受けていなかった人が罹っているのです。

下図は、今年(2016年)に風疹と診断された人の年齢分布です。
オレンジが20歳代グリーンが30歳代紫が40歳代です。
スクリーンショット 2016-06-13 08.46.56.png

賢明な読者はお気づきと思います。いま風疹患者の多くは、妊娠する年齢の女性、またはパートナーが妊娠する年齢の男性が占めているのです。ですから、風疹の患者自体は多くなくとも、風疹の毒性が存分に発揮されやすい人が重点的に風疹に罹っている状況なのです。

過去に風疹ワクチンを2回受けていることが確実、ないし血液検査で免疫があることが確認できている人以外は、ワクチン接種を受けましょう。
posted by 久住英二 at 09:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

外国人向け医療サポートサービス mediPhone

皆さん、外国人の方々が日本で医者にかかるのって、すごく大変なこと、ご存じでしたか?

医療機関を受診しにくい理由
・どの医療機関を受診したら良いか分からない
 ー病院?クリニック?何科?

・日本の健康保険制度が分からない
 ー費用がいくらかかるのか分かりません

・言葉が通じない
 ー外国人の全てが英語を話せるわけではないし、日本の医師の多くが英語で診療できない

実際に、ナビタスクリニックに受診された方の話です。
フィリピン人で、日本の男性と結婚し、日本で暮らしています。
母国語はタガログ語で、英語は少し話しますが、ディテールまでは伝えられません。
夜になると息が苦しくなる、とのことで喘息として治療を受けてきましたが、改善しません。
時間をかけてよくよく話を聞いてみると、夫から暴力を受けていて、夫が帰ってきて家にいる夜間は、パニック発作が起きている、ということが分かりました。

日本語が上手に話せない外国人妻が受診する際には、日本人である夫が通訳として同伴されることが多いです。そのような場合、このような事実をインタビューにより聴取することは不可能です。

また、外国人が沢山勤める工場のある地方では、会社の通訳がついてくれることがあります。でも、プライベートな話や性感染症などのことは、話しにくいですよね?

そこで、気軽に第三者による医療通訳が受けられる方法は無いか?と考えました。
Japan Institute for Global Health さんと協力して mediPhone を開発してきました。
mediPhone は多言語で電話を使って医療通訳が受けられるシステムです。
スクリーンショット 2015-07-30 10.53.30.png

とても便利なシステムで、すでに多くの医療機関に契約いただいてます。

いままでは、医療機関が契約していましたが、このたび個人が契約して mediPhone を利用いただけるようになりました。これならば、受診する医療機関が契約していない場合も、安心して利用できます。普段は外国人が来ないような地方で、体調不良時にどの医療機関でも受診できるようになりますから、利便性が格段にアップします。
スクリーンショット 2015-07-29 22.32.37.png


受診したくても出来なかった、日本にお住まいの外国人の皆さんが、安心して過ごせることを願っています。

プレスリリースはこちら
posted by 久住英二 at 11:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。