2016年06月27日

医療遠隔通訳システムが大活躍

新宿にナビタスクリニックがオープンして、もうすぐ丸三ヶ月が経ちます。少しずつクリニックを利用される方が増えてきました。立川や川崎とは異なる医療ニーズが多いように感じています。

日本語を話さない方の受診が多いです。
新宿駅に立地し、かつ巨大バスターミナルであるバスタ新宿最寄りですから当然なのでしょうけれど。今のところ週に数名ですが、おもに近隣のホテルに宿泊されている中国語圏からの渡航者が、ホテルにクリニックを教えてもらって来院されます。

主に家族連れで、お子さんの体調不良での受診が多く、旅行中なので「あすディズニーランドに行って大丈夫か?」など具体的な質問をいただくことが多いです。

風邪と診断し、説明する場合。
風邪はウイルス感染症ですから、特効薬はありません。安静が一番です。さらに、旅行で疲れているでしょうから、普段より治りは悪いと思います。でも、折角の旅行ですから、頭ごなしに休みなさい、とは申しません。今日はホテルで休んで、明日の朝の様子で決めて下さい。だるい、食欲がない様であれば、明日も休んで回復を図ることをお勧めします」などと説明します。

翻訳をグーグルに頼んでみると
由于感冒是病毒感染,没有银弹。剩下的就是最好的。此外,你就行更累,愈合比平常我觉得不好。但是,因为这是比较麻烦的旅行,请大家在Atamagonashi ,我也没有。今天是休息的酒店,它应该在明天早上的状态来决定。无精打采,如果这样的没有食欲,所以建议以实现恢复静止明天
となります。

これをもう一回グーグル先生に日本語にしてもらうと
風邪はウイルス感染であるので、特効薬はありません。残りは最高です。また、あなたは私が悪い感じ癒すためにいつもより疲れて行います。これは旅行にあまりにも面倒なのでしかし、 Atamagonashiで、私はしませんでしたしてください。今日は、ホテルの残りの部分で、それが決定する状態明日の朝にする必要があります。そのような食欲がない場合は物憂げな、ために、明日まだ回復を達成するためにすることをお勧めします
となります。

グーグル先生だけに頼むのは不安です。時には、患者さんが片言の日本語を話す通訳者さんを連れてこられることがありますが、どのように通訳されているのかが不明で、甚だ不安です。

当院では医療遠隔通訳サービス『メディフォン』を採用しています。8カ国語(英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ポルトガル語・スペイン語・ヒンディー語・ロシア語)に対応しており、通訳の品質管理も行われています。

細かいところまで質問されても、しっかり答えて差し上げられるので、皆さん納得して診察を終えることができます。

旅行者の方が日本に来てから契約できる旅行保険がもうすぐ発売されるそうです。この保険を契約すると、メディフォンによる医療通訳サービスを利用できます
もしご友人が日本を訪問される場合は、この旅行保険をお勧めいただくと安心ですね。
posted by 久住英二 at 13:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

蚊よけ:虫除けスプレー以外の選択肢

デング熱、日本脳炎、マラリア、西ナイル熱、チクングニヤ熱、黄熱病・・・と、蚊が媒介する感染症は沢山あります。
感染症もらわなくても、蚊に刺されること自体が不快ですね。
炎症を起こした部分が日焼けするとシミになりますし。

DEETという虫除けの成分が有効ですから、さまざまな蚊よけ製品が販売されていますね。
しかし、日本では薬事法の縛りがあり、DEETの濃度が薄いため、2時間ほどで効果が切れてしまいます。
また、DEETは赤ちゃんには安全に使用できません。

ところが、世間にはいろんな製品をつくっている企業があるものです。
インセクトシールド社では、布にペルメトリンという虫除け薬をしみこませて、虫除け服を製造、販売しています。
本国サイト:http://www.insectshield.com

ペルメトリンは、米国では環境保護庁(Environmental Protection Agency)により、赤ちゃんやペットにも安全に使用できると認められており、ひろく利用されています。また、ペルメトリンをしみこませた服は、最初は軍隊に使用され、その後一般的に用いられるようになりました。70回洗濯しても、虫除け効果がほとんど減弱しないそうです。

日本ではペルメトリンは医薬品として承認されていないため、虫除け効果を謳うことができませんが、同じ製品が販売されています。通販でも取り扱いがありますし、東急ハンズや小田急百貨店でも取り扱いがあるそうです。

ちなみに、メッシュパーカーの上下がこちら。
P1000057.jpg

各クリニックにサンプルがありますが、臭いはしませんし、手触りもさらさらしていて、普通の布と変わりません。

虫除けスプレーは、結構すぐになくなりますから、本数を買えばそれなりの値段がします。家庭菜園など野外での活動が多い方は、かえって安く済むでしょうね。
東南アジアなど、デング熱の流行国に赴任する方は、一着持って行かれると良いかも知れません。
これ以外にも、いろんな製品が販売されています。

アマゾンでも売ってますね。こちらは一枚あると便利なメッシュのクロス。
ベビーカーで、上から覆っておくと蚊が来ません。



posted by 久住英二 at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

言葉の壁をなくしたい


ナビタスクリニックには、ときどき日本語を話さない方が受診されます。
中国、韓国、インド、フィリピン、アメリカ合衆国、ネーデルランド・・・

体の具合が悪くて医療機関にいらっしゃっているのに、言葉が通じないって、さぞかし不安だろうな、と思います。

英語を話される方には、こちらも片言の英語で説明しているけれど、通じているのか不安になります。
日本語も英語も全く話さない方だと、さらに・・・。

せめて、電話越しにでも通訳してくれる人がいると良いな、と思っていました。

とくに、川崎クリニックには、インド人とフィリピン人の方が多く受診され、多くの方は英語を話されますが、中にはヒンディー語やタガログ語しか話さない方もいらっしゃいます。また、日常会話は大丈夫でも、病名や薬のことになると、よくわからない、というような方が結構いらっしゃいます。

そこで、渋谷健司教授率いるJIGHに相談しました。JIGHは、パキスタンやナイジェリアのポリオ排除の活動に精力的に取り組んでいるシンクタンクです。
JIGH.png


そしたら、すぐに対応してくださいました。
で、できたのが medi-phone というサービス。

mediphone.png

診察室の電話から電話して、希望の言語を選択するだけ。
あとは、スピーカーを ON にしたら、電話の向こうにいる通訳者が通訳してくれます。

このサービスが拡がって、日本に住んで、日本を愛してくれている外国人のみんなが、安心して医療が受けられるようになると良いな、と願っています。

これも、医療の現場で気づいた問題点と、そのイチ解決法です。
posted by 久住英二 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。