2016年06月15日

ラガーマンはワクチン接種を!

ワールドカップ 2015 以来、日本でのラグビー人気が上がっています。草ラグビープレーヤーの1人として、とても嬉しく感じています。6 月 25 日 味の素スタジアムでの Scotland vs. Japan の試合、楽しみです!調布が熱く盛り上がっている頃、残念ながらスタンドではなく、大学同窓会の理事会で新潟におります・・・。

ラグビーは、結構怪我をします。切り傷での出血なぞ日常茶飯事です。サッカーやアメフトでも、擦り傷くらいは当たり前でしょう。傷口からは血液や黄色い汁(滲出液)が出ますが、これは素手で触らない方が良いことはご存じだったでしょうか?

日本から、アメフトの同じチーム内で、B型肝炎の水平感染が起きた、というケースが報告されています。
Horizontal Transmission of Hepatitis B Virus Among Players of an American Football Team

B 型肝炎は、体液の接触を介して容易に他者に感染します。日本では、B 型肝炎慢性感染者(=ウイルスが血液中に存在しているが、肝炎が起きておらず、自覚症状もない人)が 1 % 弱ほどいると推定されています。B 型肝炎ウイルスに感染したことのある人(HBc 抗体陽性者)は 25 %!ほどもいます。

B 型肝炎は、成人では性行為による感染が7割ほどを占めます。
スクリーンショット 2016-06-15 18.32.56.png

ですから、性的に活動性が高い年代の人は、慢性感染者でなくとも一時的にウイルスが血液中にいることは『よくあること』と考えるべきです。


となると、生傷が絶えないようなコンタクトスポーツをする場合、B 型肝炎ウイルスが感染する恐れがあります。幸い、B 型肝炎にはワクチンがあります。初回、1 ヶ月後、6 ヶ月後の 3 回接種(筋肉注射がのぞましい)で、95 %程度の方が免疫を獲得することができます。
なお、今年の秋からは、0 歳児を対象として定期接種が始まります。
厚生労働省 B 型肝炎ワクチンの定期接種化について


ちなみに、我々医療従事者は、学生実習前にワクチン接種を済ませています。なぜなら、体液に触れる機会が多く、感染のリスクがあるからです。なぜ B 型肝炎がそれほど忌み嫌われるのか?それは、肝細胞癌というタイプの肝臓がんの原因になるからです。

B 型肝炎ウイルスに感染すると、3 割ほどの方が急性肝炎を発症し、そのうち 1 割程度が慢性肝炎に移行するとされています。慢性肝炎の方が肝細胞癌を発病します。
感染しても 7 割ほどの方は無症状で済みますが、ウイルスは肝細胞の中に一生潜んでおり、例えば抗がん剤治療や、リウマチでの免疫抑制治療を契機にウイルスが一気に増え、劇症肝炎を起こして死亡する例が数多く報告されています。急性肝炎、慢性肝炎にならなければ良い、という病気ではないのです。


ワクチン接種の費用は、多くの医療機関では 3 回接種で総額 15,000 〜 20,000 円程度です。
コンタクトスポーツをされる方、またはお子さんがラグビー、アメフトなどコンタクトスポーツをされる保護者の皆様は、B 型肝炎ワクチン接種について、是非ご一考いただきたいものです。
posted by 久住英二 at 18:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

ナースのお仕事@トラベルクリニック

こんにちは、ナビタスクリニック立川の看護師です。


当院には『トラベルクリニック』という診療科があります。


トラベルクリニックでは、旅行や海外渡航に伴って生じる健康問題に対するアドバイスやワクチン接種、予防薬の処方を行っています。当院では、日本旅行医学会の認定資格をもった看護師が複数名おり、専門知識をもって接種にあたっています。今回はトラベルクリニックで、看護師がどのようなことをしているか紹介いたします。


1)まず患者さんには問診票を書いていただきます。

その上で看護師が過去の予防接種歴の有無、回数、罹患歴の有無、接種希望のワクチンなど確認します。母子手帳は接種歴を確認するものなので忘れずにお持ちくださいね。 


2)つぎに問診票を元に医師が診察、ワクチン接種スケジュールを作成します。

渡航先や滞在期間、現地でのアクティビティによって必要なワクチンが変わります。

たとえば、ボランティアツアーで孤児院の子ども達に接する場合は、短期の滞在でも、B型肝炎や百日咳を含む3種混合ワクチン接種をおすすめしています。大学生の方が参加されることが多いですから、B型肝炎ワクチン接種は性交渉による感染を防ぐ上でも有効ですからね。


3)医師の指示により、看護師はワクチンを準備し、接種します。

P1000039.JPG

その際ワクチン接種後の注意点や、今後のスケジュールの確認、不明点の有無など確認します。子どもだけでなく、注射は大人でも嫌なものですよね。私たちは、看護師として、接種を受ける方への苦痛が少しでも軽減されるよう、配慮しています。声かけや呼吸の指示、楽な姿勢をとってもらう、など環境を整えたりします。

P1000034.JPG

(※接種を受けているのは当院スタッフです。)

それでも、まれに注射により一時的に気分が悪くなる方もいらっしゃいます。看護師として血圧測定や症状の観察をおこない、必要なときにはベッドに横になってもらうなど対応します。


4)2回目以降の受診の方はスケジュールを確認した上で必要なワクチンを接種します。

前回の接種後に、何か問題が起きなかったか、なども質問しています。また、患者さんがご希望のワクチン以外でも、場合によってはこちらから接種をすすめさせていただくワクチンもあります。

P1000031.JPG


以上がトラベルクリニックでの看護師の仕事内容です。

皆さん、不安に感じたり疑問に思うことがあれば何でも気軽に看護師に聞いてくださいね。

posted by 久住英二 at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

MRワクチン集団接種に行ってきました


7月30日に、大田区大森の株式会社 DISCO 様に伺いまして、麻疹風疹混合MRワクチンの集団接種を実施しました。250人の大人数でしたが、保健師さんがスケジュールを調整して下さり、順番に接種に来て下さったので、とてもスムーズでした。

医師が問診表を見てOKを出し、看護師がワクチンを接種します。看護師が接種している間に、医師がおたふく風邪や、水痘への罹患の有無や、予防接種の必要性について説明しています。
IMG_3362.jpg


細部小児科クリニックの細部千晴先生も手伝いに来て下さいました!午前診療を終えて駆けつけて下さり、午後診療に合わせて戻られました。小児科医、かつ母として、とても細やかな説明をいただきました。
IMG_3365.jpg


細部先生は一般社団法人 +Action for children の理事として、子どものために社会を変えていこう!と活動されています。
AFC.png

予防接種でハードルとなるのは、費用負担です。
個人でワクチン接種を受けた場合、確定申告の医療費控除の対象になりません。
検診や人間ドックと同様『予防』にかかった費用は『医療費』じゃないという扱いです。

しかし、企業で集団接種を実施して、企業が費用を負担した場合、それは福利厚生費となり、経費処理が可能です。ですから、黒字の出ている企業様でしたら、ぜひ集団接種を提供いただきたいです!(もちろん、過去の赤字の相殺が済んでいらっしゃったら・・・ですが)

国立感染症研究所の『職場における風疹対策ガイドライン』の中で、巡回診療による集団接種が推奨されています。

guide.png

今回の集団接種を担当したスタッフ一同です。
ヘルプに来ていただいた細部千晴先生、高橋幸江先生、今崎葉月ナース、ありがとうございました。
IMG_3367.jpg


麻疹風疹混合ワクチンの集団接種をご検討の企業様、ぜひご相談ください!
こちら→ massvaccination@navitasclinic.jp までメールにてお問い合わせください。
posted by 久住英二 at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする