2014年12月07日

巡回診療について参議院厚生労働委員会での動き

巡回診療について、動きがあるました。


巡回診療は「無医地区」を対象としたものである、との通知が昭和37年にでています。現代の社会状況にフィットしていないとの批判が常々ありました。平成21年に新たな通知がありましたが、現状では、自治体の判断に任されており、担当者(おもに保健所長)の裁量で決められています。


2013年に風疹が大流行しました。風疹の免疫がないのは、おもに24歳以上の男性であり、2013年の大流行も、患者のほとんどは男性でした。この世代は働いている人が多いため、会社を休んで予防接種を受けてもらうのは難しく、接種が浸透せず、免疫がないまま、になっていたからです。


じゃあ、企業で集団接種したらいいじゃん!と考えて、あちこちの企業様に話を持ちかけ、巡回診療を実施しました。そもそも、ナビタスクリニックは、忙しく働く現代人は機能的「無医状態」にあると考え、皆が医療を受けられるよう、診療をおこなってきました。こんなおかしな話を放っておけるはずがありません。


巡回診療で、いくつかの企業様で MR(麻疹風疹混合)ワクチンの集団接種を行いました。

http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/157102.html

http://kenko100.jp/articles/130607002300/


しかし、自治体によっては「当市内には無医地区は存在しない」と巡回診療届けの受理を拒否されます。都内でも区によって対応が異なります。まったくおかしな話です。


この巡回診療に関して、大きな動きがありました。
11/4 参議院の厚生労働委員会で、東徹議員がインフルエンザの集団接種を巡回診療で行うことについて質問し、塩崎厚労大臣が答えています。詳しくは参議院中継をごらんください。

解散し、新たな内閣で誰が厚労大臣になるのかわかりませんが、この動きが続くことに期待しています。

続きを読む
posted by 久住英二 at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

NHK特報首都圏『産むという決断 そして〜風疹流行に揺れた“命”〜』

NHKの特報首都圏『産むという決断 そして〜風疹流行に揺れた“命”〜』ご覧になりましたでしょうか?昨年流行させてしまった風疹で、多くの妊婦さんが影響を受けました。


今回は、いままで先頭に立って啓発活動をしてきた母たちのその後と、あらたに CRS のお子さんを育てていらっしゃる母親の思いにフォーカスした内容でした。


NHKオンデマンドでご覧いただけます。

https://www.nhk-ondemand.jp/goo…/G2014059419SC000/index.html


番組を通じて、母の愛とはこれほど強いのか、ということをあらためて感じました。若いお母さんの「産まれて分かった障害は病気は一生懸命治療するのに、生まれる前にわかると中絶するっておかしい」という言葉が胸に刺さりました。


風疹対策、粛々と進めましょう。
皆さん、インフルエンザワクチンついでに、ぜひ MR ワクチン打ってください

posted by 久住英二 at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

塔ノ岳にて紅葉みてきました

この連休は天候にも恵まれ、行楽を楽しまれた方が多いのではないでしょうか?
私は、神奈川県の水源である丹沢山塊の入り口、塔ノ岳に登ってきました。

夜明け前に家を出ましたが、着いたらすでに多くの登山者で賑わっていました。
塔ノ岳は標高 1,491m で、麓からの標高差が 1,200m ほどあり、とても登り甲斐のある山です。

麓は杉林で、それを抜けて、広葉樹林に出ますが、まだ緑の葉が多かったです。
だんだん高度が上がっていくと、紅葉した樹々が現れ、目を楽しませてくれました。
DSC_1976.jpg
途中、細い尾根筋の登山道が崩落している部分がありました。
登山者が増えすぎる、というのも山には負担になるのでしょうね。

途中、おじいさんに話しかけられました。
「先生ですよね?ひるおび観てますよ!」と。
テレビの影響力は大きいんだな〜、と実感しました。
ただしい医療情報を伝えられるように、ますます頑張ろう!と思いました。

頂上では、無事登りきった皆さんが楽しそうにお昼をとっていました。
背中に子供を背負ったママさんクライマーがいて、ビックリしました。母は強し!ですねぇ〜。
お昼と水しかザックに入ってないのにアゴ出している私のザマったら・・・。

山頂は広く、眺めが良かったです。
DSC_2003.JPG
PL(偏光)フィルターが威力を発揮していますが、それでも霞んでいます。
大気の状態はベストコンディションではありませんでした。

下りの道すがら、午後の光に照らされて、朝よりも赤みを増した紅葉を楽しみました。
DSC_2080.JPG
最近のレンズは素晴らしいですね。
逆光ですが、ゴーストがありません。

DSC_2084.JPG
まだ青い葉と、赤い葉のコントラストが綺麗でした。

最後は、また杉林の中を黙々と高度を下げるだけで、石畳の登山道が太腿にビシビシ響きました。

麓の方に聞いたら、先週の方が混んでいたそうです。
もう少し寒くなって、雨上がりで空気の澄んでいるときにでも、また登りに来たいと思います。


後日談:翌日は東京ドクターズのラグビーの試合があり、筋肉痛でまったく使い物にならなかったことを付け加えておきます。

久住 記

posted by 久住英二 at 17:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。