2016年07月11日

モーニングアフターピル

ナビタスクリニック新宿を開院してから気づいたことがあります。
モーニングアフターピルの処方を希望して受診される方が多いのです。新宿という立地の影響でしょうか?

ご存じない方のために解説致しますと、モーニングアフターピルとは、緊急避妊法のひとつです。
Emergency contraception 緊急避妊
Postcoital contraception 性交後避妊
The morning-after pill 翌朝のピル
など、いろいろな呼び方があります。

コンドームは挿入の最初から最後まで用いるべきなのですが、途中でつけた、外れた、破れた、もしくはコンドームをつけずに外に出した、などの場合は妊娠する可能性があります。

日本で用いられるのはノルレボと、プラノバールです。
プラノバールは、そもそもが緊急避妊用の薬ではありませんが、安価であることとプライバシー(ノルレボと異なり、過多月経などに用いられる薬であるため、緊急避妊が目的であると知られにくい)の点で、多く用いられています。

薬の適用という点ではノルレボを用いるべきですが、高価(価値の捉え方は様々とは思いますが)であり、プラノバールを選択される方が多いです。ノルレボの価格はプラノバールの 156倍ですが、それに見合う効果の差があるのでしょうか?
外国人を対象に実施した無作為化二重盲検比較試験(処方する医師も、服用する本人も、どちらの薬を服用しているか分からないように計画された試験)が実施され、結果が Lancet という権威ある医学雑誌に報告されています。

Lancet. 1998;352(9126):428.

BACKGROUND: A previous randomised study suggested that the progestagen, levonorgestrel, given alone in two separate doses each of 0.75 mg caused nausea and vomiting in fewer women and might be more effective than the Yuzpe regimen of combined oral contraceptives for emergency contraception, although the difference was not significant. We compared these two regimens when started within 72 h of unprotected coitus.

METHODS: We enrolled in the double-blind, randomised trial 1998 women at 21 centres worldwide. Women with regular menses, not using hormonal contraception, and requesting emergency contraception after one unprotected coitus, received levonorgestrel (0.75 mg, repeated 12 h later) or the Yuzpe regimen (ethinyloestradiol 100 microg plus levonorgestrel 0.5 mg, repeated 12 h later).

FINDINGS: Outcome was unknown for 43 women (25 assigned levonorgestrel, 18 assigned Yuzpe regimen). Among the remaining 1955 women, the crude pregnancy rate was 1.1% (11/976) in the levonorgestrel group compared with 3.2% (31/979) in the Yuzpe regimen group. The crude relative risk of pregnancy for levonorgestrel compared with the Yuzpe regimen was 0.36 (95% CI 0.18-0.70). The proportion of pregnancies prevented (compared with the expected number without treatment) was 85% (74-93) with the levonorgestrel regimen and 57% (39-71) with the Yuzpe regimen. Nausea (23.1 vs 50.5%) and vomiting (5.6 vs 18.8%) were significantly less frequent with the levonorgestrel regimen than with the Yuzpe regimen (p<0.01). The efficacy of both treatments declined with increasing time since unprotected coitus (p=0.01).

INTERPRETATION: The levonorgestrel regimen was better tolerated and more effective than the current standard in hormonal emergency contraception. With either regimen, the earlier the treatment is given, the more effective it seems to be.

ノルレボのインタビューフォームに結果と安全性が表にまとめられていたので引用します。

スクリーンショット 2016-07-11 13.56.27.png

Yuzpe 法=プラノバール錠を2錠ずつ12時間間隔で服用する方法は、LNG=ノルレボと比較して妊娠する率が 2.9倍でした。もちろん、性交渉すれば常に妊娠するわけではなく、月経周期などから計算して、緊急避妊をしなければ成立したであろう妊娠を阻止できた率は Yuzpe 法 57%、LNG法 85% で、ノルレボに軍配があがります。

スクリーンショット 2016-07-11 13.56.34.png
服用後の症状は、Yuzpe 法の方が吐き気、目まい、だるさなど、症状が出現する率が高いという結果です。

これらの結果からは、効果と安全性の点で、ノルレボがお勧め
ノルレボが高いと言っても、薬代は1万円程度です。

日本では、毎年20万件以上の人工妊娠中絶が実施されています。表に出て、報告されている件数だけで。20歳未満に限ると、2万件程度です。
スクリーンショット 2016-07-11 16.38.23.png


望まない妊娠、人工妊娠中絶というコストを考えれば、ノルレボのコストは十分見合うのではないでしょうか?


posted by 久住英二 at 15:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。