2016年07月08日

子宮頸がんなど HPV によって起きるがんは多くが予防可能

米国 CDC が発行する MMWR = Morbidity and Mortality Weekly Report は、米国でのインフルエンザなど感染症や、がんなど疾病の統計データが掲載されています。私の周りの内科医では、定期的に目を通している人が多いです。

July 8 号にて、Human Papillomavirus–Associated Cancers − United States, 2008–2012 という記事が掲載されています。2008〜2012年の間にアメリカ合衆国で発生した HPV との関係が濃厚ながんの発生数と、そのうちどの程度が HPV ワクチンを接種していれば予防されたか、推定値が報告されています。

スクリーンショット 2016-07-08 14.07.54.png

子宮頸がん Cervical carcinoma は 30-40代女性で最多ですね。腟 Vaginal SCC や外陰がん Vulvar SCC が年齢につれ増加するのと対照的です。やはりマザーキラーの異名は伊達ではありません


Summary = この報告の要点
このトピックについて今まで知られていること

HPV の持続感染が子宮頸がんや、外陰・腟・陰茎・肛門・直腸と咽頭の扁平上皮がんを起こす。それらのがんの多くは、HPV ワクチンによって予防可能である。効果的な子宮頸部スクリーニングにより、前がん病変を発見することができる。

このレポートによって加わった知見

2008-2012年の間に、平均すると年間 38,793人(10万人あたり 11.7人)が HPV 関連がんと診断された。うち 23,000人(13.5人/10万人)が女性で、15,793人(9.7人/10万人)が男性だった。それらのがんのうち、30,700人(79%)が HPV によるものと推定され、うち 28,500人は、9価 HPV ワクチンで予防可能な HPV 血清型が原因と推定される。

公衆衛生を向上させるには何をすれば良いか

全員にワクチン接種を提供することが、これらの HPV 関連がんを予防することに繋がる。HPV ワクチン接種率の増加や、子宮頸がん検診方法の変更がこれらのがんの発生動向に与える影響をモニターするため、より高品質の住民レジストリを用いて、HPV 関連がんのサーベイランスを続けることが必要である。


がんのうち、HPV 16, 18, 31, 33, 45, 52, 58 = 9価 HPV ワクチンで予防される HPV 関連がんの人数と百分率が一番右のカラムに書かれています。子宮頸がん Cervical では 80.9% です。これは、その国によって異なりますから、日本でもこのような統計を継続的におこなう必要があります。

スクリーンショット 2016-07-08 14.22.23.png


世界は、すでに 2価、4価 HPV ワクチンでなく、9価 HPV ワクチンがスタンダードになってきています。日本では心因反応やヒステリー反応を HPV ワクチンのせいだ、とする少数意見をマスメディアが大きく報道し、あたかも HPV ワクチンが危険であるかのような空気が生じ、合理的な議論がなされず、停滞しています。

いま HPV ワクチン接種機会を逃した 13-16歳の女性達が、2030年ころに子宮頸がんを発症します。その頃になって後悔しても遅いのですが、合理的な判断をしないのも、人間の特性でもあるので、仕方ないのでしょうか。

posted by 久住英二 at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439836689

この記事へのトラックバック