2014年07月15日

A型肝炎

夏休み前の時期は、海外にインターンシップや、留学に行く学生さんが、ワクチン接種の相談にいらっしゃいます。

短期の滞在であっても、是非受けていただきたいのが、A型肝炎ワクチンです。

A型肝炎は、ウイルスで汚染された水や食べ物を介して感染します。
一部の国を除いて、世界中が流行地帯(下の地図でオレンジ色に着色された地帯)です。
Global_HepA_ITHRiskMap.png

しかし、そういう流行国に行っても、A型肝炎にかかったことのある人はあまりいません!何故なら、赤ちゃんのうちに感染すると、無症状で、免疫だけを獲得(不顕性感染)するからです。

成長してから感染すると、症状が出ます。
・下痢
・発熱
・倦怠感
・黄疸(体が黄色くなる)

潜伏期間(ウイルスに感染してから症状が出るまでの期間)が26日ほどもあるため、短期の渡航ですと、日本に帰ってきて、しばらくしてから症状に気づくことになります。

治療法は「安静」と「対症療法」のみです。
A型肝炎ウイルスをやっつける薬はありませんので、治るのを待つしかありません。

死亡率は 0.2% とされますが、高齢者や、肝臓に病気(脂肪肝やB型肝炎、C型肝炎など)のある方は、リスクが増します。



A型肝炎ワクチンを強くお勧めする理由は

1)免疫がつきやすく、出発直前の接種でも有効
2)免疫を獲得する率が高い(ほぼ100%)

A型肝炎は潜伏期間が長いため、10日程度の旅行であれば、帰国直後に接種しても発病を阻止できる可能性があります。これを暴露後予防(Post-exposure prophylaxis)といい、CDC ガイドラインにも有効である旨が記載されています。

Postexposure Prophylaxis for Hepatitis A

What are the current CDC guidelines for postexposure protection against Hepatitis A?

Until recently, an injection of immune globulin (IG) was the only recommended way to protect people after they have been exposed to Hepatitis A virus. In June 2007, U.S. guidelines were revised to allow for Hepatitis A vaccine to be used after exposure to prevent infection in healthy persons aged 1–40 years.

Persons who have recently been exposed to HAV and who have not been vaccinated previously should be administered a single dose of single-antigen Hepatitis A vaccine or IG (0.02 mL/kg) as soon as possible, within 2 weeks after exposure. The guidelines vary by age and health status:


A型肝炎ワクチンの種類

国内で販売されているA型肝炎ワクチンはエイムゲンのみです。
ただし、生産量が少ないため、供給が安定せず、しばしば欠品することがあります。

当院では、エイムゲン、Havrix(ハブリクス)を常備しています。
Havrix は、1回の接種で有効であること、海外赴任者では、現地で2回目を接種する場合、Havrix でないと同じ銘柄のワクチンが打てないため、当院では Havrix を第一選択にして、お勧めしています。

日本のエイムゲンと、Havrix や Vaqta などの海外製のワクチンは、互換性が確認されていませんから、最初は Havrix で、2回目をエイムゲン、というワケにはいきません。Vaqta と Havrix は互換性がありますので、海外で Vaqta を接種して来られた方は、2回目を Havrix で接種いただけます。

B型肝炎ワクチンも一緒に受ける方には、Twinrix をお勧めしています。A型肝炎ワクチンの成分は Havrix と同じですから、やはり互換性があります。

Travel Health のマニュアルのひとつ、CDC の YELLOW BOOK 2014 より。
米国内で市販されているA型肝炎ワクチンの種類。
hav.png


これが Havrix です。
havrix.jpg
海外のワクチンは、打ち間違えや、偽物を打たれることを防ぐために、シリンジに入ってることが多いです。ワクチンを調製する際の汚染も防ぐことができますから、合理的ですよね。


Havrix の添付文書です。
havrixi.jpg
こちらから PDF が閲覧可能です。

海外渡航が楽しい経験や思い出になるよう、感染症予防の対策をしっかりしてから出掛けましょう。
posted by 久住英二 at 14:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。