2014年08月19日

ナースのお仕事@トラベルクリニック

こんにちは、ナビタスクリニック立川の看護師です。


当院には『トラベルクリニック』という診療科があります。


トラベルクリニックでは、旅行や海外渡航に伴って生じる健康問題に対するアドバイスやワクチン接種、予防薬の処方を行っています。当院では、日本旅行医学会の認定資格をもった看護師が複数名おり、専門知識をもって接種にあたっています。今回はトラベルクリニックで、看護師がどのようなことをしているか紹介いたします。


1)まず患者さんには問診票を書いていただきます。

その上で看護師が過去の予防接種歴の有無、回数、罹患歴の有無、接種希望のワクチンなど確認します。母子手帳は接種歴を確認するものなので忘れずにお持ちくださいね。 


2)つぎに問診票を元に医師が診察、ワクチン接種スケジュールを作成します。

渡航先や滞在期間、現地でのアクティビティによって必要なワクチンが変わります。

たとえば、ボランティアツアーで孤児院の子ども達に接する場合は、短期の滞在でも、B型肝炎や百日咳を含む3種混合ワクチン接種をおすすめしています。大学生の方が参加されることが多いですから、B型肝炎ワクチン接種は性交渉による感染を防ぐ上でも有効ですからね。


3)医師の指示により、看護師はワクチンを準備し、接種します。

P1000039.JPG

その際ワクチン接種後の注意点や、今後のスケジュールの確認、不明点の有無など確認します。子どもだけでなく、注射は大人でも嫌なものですよね。私たちは、看護師として、接種を受ける方への苦痛が少しでも軽減されるよう、配慮しています。声かけや呼吸の指示、楽な姿勢をとってもらう、など環境を整えたりします。

P1000034.JPG

(※接種を受けているのは当院スタッフです。)

それでも、まれに注射により一時的に気分が悪くなる方もいらっしゃいます。看護師として血圧測定や症状の観察をおこない、必要なときにはベッドに横になってもらうなど対応します。


4)2回目以降の受診の方はスケジュールを確認した上で必要なワクチンを接種します。

前回の接種後に、何か問題が起きなかったか、なども質問しています。また、患者さんがご希望のワクチン以外でも、場合によってはこちらから接種をすすめさせていただくワクチンもあります。

P1000031.JPG


以上がトラベルクリニックでの看護師の仕事内容です。

皆さん、不安に感じたり疑問に思うことがあれば何でも気軽に看護師に聞いてくださいね。

posted by 久住英二 at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする